ウィンドウズならオススメの動画編集ソフト Shotcut(ショットカット)

目次

これからは動画を使わないという選択肢は無い

インターネットで商品やサービスを販売する場合

商品(サービス)紹介に【動画】を使った方が購買率が明らかに高くなることが分かっています。

ですから

これからの時代 動画は必須ということです。

大事なことは動画編集ソフトの選択です。

MACなら最初からiMovieという無料のソフトが入っているし

スペック上 最低限の動画編集が出来るようになっています。

しかし

問題はウィンドウズです。

動画編集ソフトとして有名なものは

多くの人が購入するレベルのウィンドウズでは動かないか あるいは動作がカクカクしてしまい スムーズに動画編集することが出来ません。

初心者に求められる機能はズバリ『軽快さ』

もしもあなたがユーチューバーを目指していて4K動画をカラーに拘りながら編集したいのなら・・・

残念ですが このブログはお役に立つことが出来ません。

そうでは無くて

ホームユースのパソコンで

10分程度の自己紹介や商品説明などのスマホで撮影した動画を

例えば「言い間違い」や「咳払い」などをカットしてカンタンなテロップや出来たらBGMなどを入れて

自分のホームページに入れたい!

という目的でしたら私がオススメするShotcut(ショットカット)という動画編集ソフトはお役に立てると思います。

基本的に動画編集ソフトは

ワードやエクセルなどとは全く違います。

ある程度パソコンのスペック(メモリーの容量)などが要求されるので

例えば

ウィンドウズ7の時に購入してウィンドウズ10にアップグレードしたような

年賀状ソフトが最初から入っていたなどのパソコンですと

多くの有名な動画編集ソフトは快適に動かない可能性があります。

しかし!

そのようなパソコンでも 動画編集ソフトShotcut(ショットカット)なら快適に動く可能性があります。

(もちろん全てのパソコンで快適に動くかどうかは実際に使ってみないと何とも言えませんが^^;)

Shotcutの特徴

① 動作が軽い

② 完全無料

③ 基本的な編集の多くはこれ1つで出来る

無料動画編集ソフト Shotcut のダウンロードはこちら

目次
閉じる